稅関水際対策業務

中國は世界の工場と呼ばれ、模倣品の輸出入も盛んです。BOBは中國稅関への権利登録から稅関模倣品差止手続きまでフォローしております。対応スピードが速く、稅関から通知を受けた當日にご報告可能です。

BOB稅関水際対策業務內容の紹介

A 稅関登録

  業務種類 作業內容
1 権利を稅関登録 稅関登録可能の権利は商標権、特許権(発明特許、意匠、実用新案)と著作権です。そのなかで、商標権は稅関にとって違法性の判斷がしやすいということもあり、最も効果的と言えます。

B 権利維持段階

  業務種類 作業內容
2 稅関連絡窓口業務 1) ホワイトリストのメンテナンス
真正品の差止めを極力減らすため、貴社のご指示に基づき、正規ライセンス企業リストの名簿の更新、ライセンス期限等の更新を隨時行います。
2) 法律?法令改正情報
法改正、稅関の重大な動向等があった場合は速やかにご報告
3) 稅関総署関連の対応
稅関総署から連絡事項があった場合の伝達?対応
4) 地方稅関関連の対応
地方稅関から一般的な問合せがあった場合伝達?対応

C 模倣品差止め段階

  業務種類 作業內容
3 稅関差止が発生した場合の対応 貴社の稅関対応連絡窓口として稅関から差し止め通知が來た際の案件の処理。
4 寫真撮影対応 稅関による疑義品寫真の提供が義務付けられていないため、寫真を提供する稅関としない稅関があります。稅関が寫真提供しない、又は稅関が提供した寫真が不鮮明であった場合、稅関へ赴き寫真撮影を行う必要が生じる場合があります。BOBは中國全國の稅関へ寫真撮影作業の実施が可能です。
5 模倣品と判明後の擔保金支払い代行 ①稅関の「総擔保」制度
年間差止の件數が多く、その実績が稅関に認められた場合、「総擔保」制度の適用を申請することができます。「総擔保」とは、年間予め20萬元の擔保金を積んでおけば年度內に案件ごとに擔保金を積まなくて済む制度です。差止件數が多い権利者様にとって便利です。
②稅関の「総擔保」以外に、ご相談により、案件ごとの対応も可能

関連事例紹介関連書類サンプル

link002