商標ウォッチングの必要性

ご承知のように、中國では外國企業の有名ブランドなどを第三者がいわゆる?冒認?的に商標出願して権利を取得してしまう事案が頻発しています。とくに、日本製品の品質の高さが中國人の間でも常識になっており、日本の商標を模倣すれば現地で売れやすいことが背景にあることから、冒認出願で圧倒的なターゲットになっているのが日本です。最近では、特定の業界でのみ知られているような専門部品メーカーや中小企業の商標も狙われています。

近年の冒認出願の傾向として、以下のような點が挙げられます。

①出願人:
1社?1個人による複數出願ケースだけでなく、知人との分擔出願ケースも増加。 →悪意の立証が困難。

②対象商標:
社名、商品名にとどまらず、キャラクター、地名等経済的価値が見込めるものは全て被害対象となる可能性有。

③被害企業:
インターネットの発達により、中國でも日本の流行がリアルタイムで把握可能となり、中國未進出企業や中小企業のブランド被害も増加。

④手口の巧妙化:
権利者の未登録區分/小區分を狙った出願や、類似判斷が微妙な「イメージ類似商標」の出願も発生。これらを実際に使用した模倣品生産?販売行為も多発。

自社のブランドが?冒認?あるいは抜け駆けのような形で出願され、登録されてしまった場合、その権利を無効化するには多くの費用と時間を要します。ビジネス展開上も大きな痛手になりかねません。よって、第三者の出願を適切に監視することは不可欠となります。

BOBウォッチングはここが違う!

  • ウォッチングソフト+目視による監視
    審査員の目をかいくぐろうとする「イメージ類似」も見逃しません。
  • 現地の審査基準を熟知したスタッフによる日本語レポート
    類似の程度、異議申立の勝算が詳細に記載されたレポートを日本語でご提供します。
  • 低料金
    「できるだけ多くの商標?區分を監視したい」というニーズに応えるべく、費用を最低限に抑えました。
  • 出願人背景調査も対応可能!
    模倣対策部門との連攜プレーにより、出願人の背景調査もすぐに対応可能です。異議申立を見據えた証拠収集ならBOBにおまかせください!

ウォッチングの進め方

調査方法 :
商標局は週1回商標公報を発行します。熟練のサーチャーによる手めくり調査を行います。また、公告前のウォッチングも常に行います。貴社指定の商標に類似する商標の有無をチェックし、冒認商標を一刻も早く発見するよう、慎重なウォッチングに努めております。
報告方法 :
公告後10日以內にメールでご報告いたします。類似商標を発見する場合、詳細な報告書を作成いたします。類似商標リストレポートはもちろん、各商標の登録異議容認率に関するコメント、提案なども含まれます。
ご契約期間 :
原則1年

※調査仕様?報告形態はご要望に応じてカスタマイズ可能です。

料金表

1商標1區分につきRMB1,000/年
同區分において2件目以降:RMB500/年

※大量の商標を同時ご依頼いただく場合、費用の割引相談可能です。

link002